斎藤吾朗アトリエ


EXHIBITION 個展や展覧会及び、常設展示のお知らせ

立川美術館「企画展 潮干祭幻想 ~作家がみる祭り~」のご案内

2020.06.13

立川美術館「企画展 潮干祭幻想 ~作家がみる祭り~」のご案内

愛知県半田市にある立川美術館で「企画展 潮干祭幻想 ~作家がみる祭り~」が開催されております。

斎藤吾朗の版画(シルクスクリーン)作品「半田亀崎 潮干祭」も展示されております。

 

 

日本伝統美術の一つで、江戸時代の代表的な宮彫りの流派である「立川流彫刻」を貴重な資料と共に絵画作品と同時にご覧になっていただけます。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【立川美術館について】(立川流彫刻HPより)

 

「立川流彫刻」は、江戸時代後期に栄えた我が国の伝統彫刻です。

しかし、明治以降、時代の流れの中で衰退し、流派として途絶えてしまいました。

 

立川流彫刻研究所は、この立川流彫刻を再興し、後世に伝えていくことを使命として、平成元年に設立され、流派の研究、技術の研鑽、作品の補修、新作を続けています。

 

当館では、立川流彫刻を江戸での発祥から、諏訪・知多での発展、現在の再興活動にいたるまで展示紹介しています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

『立川美術館』

 

【場所】

〒475-0023

愛知県半田市亀崎町6丁目81番地

TEL:0569-29-5897

HP:http://www.tatekawa.org

 

 

【期間】

令和2年6月13日(土)~8月31日(月)

※水曜日休館

 

 

【開館時間】

午前10時~午後5時(最終入館午後4時)

 

 

【入館料】

大人500円 子供200円

 

 

 

また、1Fのカフェ「黒壁舎(kuro kabe ya)」では軽食&喫茶がご利用いただけます。

(私も大変美味しくお食事させていただきました!)

ご当地、亀崎グルメもございます。

 

 

『黒壁舎(kuro kabe ya)』

 

【営業時間】

午前8時~午後6時

ラストオーダー午後4時

モーニング午前11時まで

※水曜定休

※テイクアウトあり